バブッたビビンディアなんかよりも堅実なとこに投資しよう。

こんばんは。

 

毎日口にする強いブランドが良いですね

 

今日は米国市場はお休みです。日本株も米国株も少しずつではありますが買いたいなって思ってる銘柄がありますね。


米国株だやはりずっと買い集めてるBTIです、30ドルを割ってきたら少しずつまた買い増ししようと思ってるのですが、さすがにあまりにも割安すぎてこれ以上売られると買いが入ってしまいますね。なかなか下がってくれなくなりました。


日本株だとヤクルトを買いたいなと思ってます。3000円を割ってきたら買ってみようかなと思っていたらすっかり忘れていて気付いたら2800すら割っていました。


予想PER15.46なんて過去15年くらいでは一度もなかった水準です。PBRも1.55と2012年から12年振りという売られ方です。


もちろん売られるには何かしらの理由があるから売られている訳ですね。なんせ過去最高益でこんなに叩き売られてるのですから。


懸念点はやはり中国圏でしょうか。前年比で2~3割もの大幅減益。米州では伸びていますがトータルとしてはマイナスです。


あとは売り上げの半分が国内なのにライバルのピルクルも伸びてきているとこでしょうか。

自分は絶対ヤクルトしか買わない派でいつも飲んでいるのですが、嫁さんは値段で決めるのでいつもヤクルト買ってきてって言ってるのにピルクル買ってきちゃいます。


似たような乳酸菌飲料ですから、ヤクルトの方が良いよという差別化が少ないと段々とインフレで家計も苦しいでしょうから顧客を奪われてしまうリスクも大きいんじゃないでしょうか。

 

とはいえ投資というのは順風満帆の時は株価は高いものですし、安いときというのは何かしらの懸念があるからです。


どうせ買うならこういう安いときに購入して死ぬまで保有しておけばまず間違いのない銘柄なんじゃないでしょうか。


個人的にも投資を始めたばかりの頃、バフェットの本を呼んでワイドモートとはどんな企業だろうと考えた時、コカコーラみたいに強い企業と思って真っ先に思い浮かんだ企業です。


ただしその時はとても株価が高かったので買いませんでした、ようやく10年振りに買ってっていい価格帯になったのかなと感じています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村