ディスられがちのエクソンモービルやバフェット太郎さん、果たして勝つことはないのだろうか。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20200929000733j:plain

開けてみないとどのドアが成功の道へ続いてるのかはわかりません。

 


いつもぶち子さんのblogは面白いですが、今日は特にその通りだなぁと思いました。

 

 

www.butikomi.tokyo


読ませて頂いた感想なのですが、まずはシーゲル銘柄と呼ばれてる銘柄が厳しいのは現状その通りですね。バフェット太郎10種はここ数年間でNASDAQに完敗ですね、S&P500にも負けていますね。


これは事実なので受け止めなければいけませんね。ただし我々個人投資家機関投資家と違って短期的なパフォーマンスを求められる訳ではありせん。ゆっくりと本当に長期に成果を出せればよいのですね。

 

例えば2000年代にまったく結果出てなくて、「アメリカなんて国に投資してるクソダサい投資家を救いたい!」


って言っていたとしたらどうでしょうか。


あの頃も同じようにBRICsが伸びてアメリカはもう終わってました。米国株に投資していた投資家は10年間無駄にしてしまった訳ですね、とんでもない長い期間です。


しかし終わったはずの米国株は2010年代に見事な復活を果たしました。その間2000年代のヒーロー達はパッとしない成績に甘んじてしまいました。


バフェット太郎さんがこの秘密の10種類を始めてからまだ3~4年くらいなのかな?たしかに残念ながら今はインデックスやハイテク銘柄に大きくアンダーパフォームしてしまってます。

しかしそれを「粉飾」して誤魔化さずきちんと負け続けてる事もblogで書いています。


「今の時期は仕方ありません」


でいつもアンダーパフォームを乗りきり、この台詞はディスられがちですが、あれだけ有名になった中で負け続けても、

「今の時期は仕方ありません」


っていい続けるのは多少なりとも恥ずかしいと思いますよ。ただほんとうにバフェット太郎さんはそう理解しているのでしょうし、自信があるからあのスタイルを貫いているんだと思います。


たしかに大多数の人は、エクソンモービルなんてもう戻ってこないんじゃないか?と不安に思ってるかもしれませんね。

ただしこの戦略はパフォーマンスの悪い時期にこそ株数を増やして、反転した時にブーストするためのものなので、途中でやめてしまったり高値の株を買っても意味がなくなります。

 

実際に腐ってた時期の米国株を2000年代にしこたま仕込んでた人は2010年代に大きな恩恵を受けたはずです。

逆に堪えきれず米国株を売ってしまって、勢いのあるBRICsなどに乗り換えてしまったら美味しいところを全部逃し、2010年代の黄金の米国株を逃してしまい、結果辛いだけの20年間を過ごすことになったはずです。


人間誰しも長期間上がり続けると、あたかもそれがずっと続くと錯覚してしまいがちです。

 

しかし今は大人気の米国株ですが、ほんの10年前までは終わった市場でリターンも取れてなかった事を決して忘れてはいけませんよ。


「今回は違う」のかはまた10年後に答え合わせするまでは誰にも決してわからないのだから。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

現実は半沢直樹の世界よりもはるかに酷い。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20200928004504j:plain

悲しいかな、所詮世の中金なんだよな。

 

 

今日はギリギリ21時に車に乗り込み帰宅途中運転しながら半沢直樹最終回見てました。

最後は気持ちよく汚職幹事長をやっつけてくれましたね。合併前の銀行が幹事長に不正融資していたということで無事に失脚、逮捕されました。

 

でもドラマだからおもしろく見てられますが、実際の世界であったら腹立ちますよね。でもこんなことはおそらく毎日のように起きてるでしょうね。
ロッキードみたいに公にならないだけで、汚職、賄賂の大合唱でしょうね。

そもそも金と権力が欲しくてみんな政治家になってるんでしょうから当たり前ですね。


清廉潔白な政治家なんているわけがありませんね。共産党ならひょっとしたら汚職してない奴もいるのか?違う意味でもっと危なそうだけども。

 

つい最近も金融犯罪取締ネットワーク、フィンセン文書なるものが出てきましたね。

 

不審行為報告書に出てくる世界の主要銀行は、HSBC、スタンダードチャータード、バークレイズ、ドイツ銀行コメルツ銀行JPモルガン・チェース、BNYメロン等々。


詐欺や麻薬取引などの犯罪に関連した資金であると把握しながら、不正送金を許可していた疑いがあると、ICIJは指摘しているそうです。

 

しかも金額はなんとなんと驚きの2兆ドル!!


円じゃないですよ?ドルですよ!


200兆円を越える不正資金があれよあれよとマネーロンダリングされちゃってるんですからもうギャグですよね。


これら大手銀行というのは幹事長も驚きのクズ中のクズの集まりなんでしょう。現実世界には半沢直樹はいません。
もうマフィアが銀行を乗っ取ってて言うこと聞くしかない状態なんじゃないでしょうかね。

 

こんなんどうやって解決するんですかね?凄まじい額のロビー活動してくるでしょうし、銀行の金でうやむやにして終わりそうですけどどうなんでしょうかね。人の怒りなんて1年もしたらすっかり忘れてそうですし。

 

わざわざ善良な一般市民の為に全部ぶっ壊してくれる奴なんてあらわれるでしょうか。


いや~、残念ながらやっぱり半沢直樹はドラマの中だけだろうな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

現金はゴミ、とは言うものの。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20200927001644j:plain

時と場合によってはゴミも宝の山になるかもしれませんよ

 

最近は投資先にとても悩んでいます。


私はあと2年くらいはまともなワクチンもできないだろうし、できてもせいぜいインフルエンザのワクチンみたいに効いてるんだか効いてないんだかよくわからないくらいのものかと思っています。
当然ワープスピードとかで即効でできたワクチンなんて打ちたいとも思ってません。
致死率激高なら怖いから打ちますけど、40歳くらいではそんなに恐れるほどの病気でもないのかなと感じています。


なのでコロナは当面なくならないとの前提で考えてます。


そうするとリモートワークなどや配送、スーパーなどがしばらくはしっかりとした利益を出していくのかなと思います。逆にコーラやスタバみたいな企業は苦戦しやすいのかなとも感じます。

しかし株式は未来を写す鏡です。なので目先調子の良い銘柄を買っても少ししたらコロナ後を織り込んで早めに下落するかもしれません。

 

それに現状調子の良いハイテク銘柄も、世間が景気が悪ければいつまでも調子が良いとはいかないでしょう。広告費を出してくれる企業が不調なら、FacebookGoogleだって影響するはずです。

 

コーラやスタバみたいな企業は現状かなり厳しいですが、当然コロナ後には元に戻ってくると思います。


コロナの最中や、コロナ後の事を考えても今のところ株価は安くは感じられません。ならば儲けようと言うのではなくお金の置場所としては債券有利かなという気もします。

金融緩和してるんだからいずれ債券はゴミクズに、というロジックはわかるのですがここ日本でさ長年そうなっていませんね。


それにゴールドはもう充分に高く、落ちてこない限り買おうとは思いません。

 

ヨーロッパではかなり感染が再拡大中ですし、日本も冬に近付くに連れて酷くなる可能性も充分考えておかなければなりません。いつ自分の仕事が急激に悪化するかわかりません。


とにかく当面は保守的に、株と仕事、両方が落ちる可能性が捨てきれない中でリスク管理を怠らないようにしていくつもりです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村