もしトランプ再選ならドルや原油はどうなるか

こんばんは。

 

ドルにはプラスなのかマイナスなのか読みにくい

 

一昨日の事件でやはりトランプ有利という意見が多数をしめていますね。こないだまではバイデン大統領の言い間違いに焦点があたっていましたがそれどころではなくなりましたね。

ただトランプ支持者は元々熱狂的な支持者ですし、反トランプも同じようにかなり嫌悪感を抱いてるので意外と岩盤層は事件で動かないかもしれません。浮動票はトランプに大きく流れるでしょうけどね。


そして副大統領候補になったのはまだ政治経験がたったの一年半しかない39歳の若僧です、いきなり副大統領なんかやらせて平気なのか?と思いましたがトランプもいきなり大統領やったくらいですからあまり関係ないのかもしれません。官僚が優秀なら国がまわるんでしょうね。


そしてこの副大統領候補はUSスチールの買収に反対だそうでそこもどうなってきますかね。


トランプはラストベルトという貧しい白人の支持が強いと言われています。国内に産業を戻そうとして高関税をかけると言っています。


為替ですが今は圧倒的な円安水準です、前回トランプが大統領だった時よりも大幅な円安なのでトランプはよい気持ちはしないでしょう。


果たして高関税をかけた場合どううごくのでしょうかね。ドルなんて持ってられるかと売られてドル安になるのか、はたまた高関税で貿易収支が改善されてドル高になるのか。嫌々でも最強の国の通貨なので買われるかもしれません。

 

あとトランプはESGに否定的です、パリ協定もまた離脱するかもしれません。化石燃料の企業には良いことで株価も上がるかもしれません。


しかし原油相場にはどうでしょうか。今までは開発ができないせいで生産が減ってしまいそのせいで原油が不足して高くなってしまうなんて事も起こっていましたが、今度は新規開発ができるならば石油はまだまだ必要とされるから原油価格にプラスとみるか、もしくは開発で供給が増えて原油価格にマイナスとみるか。


実際始まってみないと難しいところですが、他の大統領と比べて劇的な事をやってくるかもしれないのでもしトランプ大統領に返り咲いたら普段以上にまさかを考えておかないといけなくなるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村

「まさか」はいつ起こるか分からない

こんばんは。

 

トランプ支持者ではありませんが暴力は絶対にダメです。

 

昨日遅くまで仕事だったので今日は昼まで寝ていたのですが、起きたら「トランプ撃たれたよ」なんて言うもんだから焦ってニュースみたらとりあえずは無事だったみたいで安心しました。


最初はNew York Postとかいうとこが「犯人は中国人」なんて書いてあってメディアのニュースだから犯人ももう分かってるのかと思ったらシレッと犯人は20歳の白人に変わってました。

それにしても本当に危ないところでした。


撃たれる瞬間にほんの僅かですが顔を動かしていたので、もしかしらそれが無かったら亡くなっていたかもしれません。強運の持ち主ですね。


今回不思議だなと思ったのが何故120メートルくらいしかないかなりの近距離に狙撃犯が行けたのでしょうか。いくらなんでもあんなに近いビルの屋上って警戒しないもんなんでしょうかね。


途中で武器を持って登ってる人がいると警官に伝えた人までいたらしいのに普通ならそんな人がいたら即中止にするはずですよね。


安倍総理が暗殺された時に、メディアに専門家が出てきて「米国ではあり得ない警備」と日本警察の失態だと言ってました。たしかにその通りでしたが、米国も全然ちゃんと警備できてないですよね。たまたま運が良かっただけで、数センチズレてたら成功してた訳ですからね。


メディアでは「これでトランプが有利になった」みたいにコメントして批判されてるそうですが、実際のところこれでほぼトランプ確定みたいなものですね。


岸田総理も暗殺未遂になりましたし、日米でちょっとヤバい感じになってますね。


万が一にもトランプさんが亡くなってていたら内戦になりかねないところでしたよ。誤報でしたが本当に中国人が犯人だったらただでさえ反中ムードなのに戦争になりかねませんし、どこかの不法移民だったらそれこそ移民反対派と賛成派で内乱になっててもおかしくはありません。


歴史というのはほんの1つの出来事で大きく動きます。第一次世界大戦も暗殺から始まりました。


先進国で暗殺なんて昔のはなしというイメージでしたが、どれほど嫌いな候補でも絶対に暗殺なんて事はおこしてはいけませんね。


特に極左過激派はテロをおこしがちなので未然に防げる様に常に監視しておいてもらいたいところです。


そして投資家は「まさか」なんていう想像もしない事が起こっても致命的ダメージを受けないように備えておかないといけないですね。

トランプ大統領になったら減税しそうなので金利上昇しそうです。

株価には減税でプラスになるのか、それとも金利上昇でマイナスになるのかどう動くでしょうか。


ドルも金利上昇でドル高か、もしくは信用低下でドル安が難しいところですね。少なくともゴールドにはプラスになるのではないでしょうかね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村

どこまで浸透されてるのか

こんばんは。

 

スパイなんて人生一度しかないのになりたくないですね。

 

ドイツの武器製造メーカー「ラインメタル」のアーミン・パッペルガーCEO暗殺計画をアメリカ情報機関が察知し、未然に防いでいたというニュースが入ってきました。


あいつらEU域内であちこちで破壊工作や暗殺をしようとしていますね。ほかにもサイバー攻撃で日本もやられていますね、最近も大きなニュースになったばかりですね。


日本は自衛隊でも不祥事があったばかりで、サイバー攻撃はされるは本当に不安になります。


侵略が起こるよりもだいぶ昔ですが露国のスパイと公安の記事を読んだことがありますが、尾行しててもこちらのメンバー全員バレてるみたいに書いてありましたね。


日本も三菱重工業なんかのCEOとか狙われないか心配になりますね。他にもサイバー攻撃でデータ破壊されたり盗まれたりする可能性もありそうです。

 

こうなってくるとサイバー攻撃を防ぐのがかなり重要になってきます。


セキュリティ業界は伸びることはあっても小さくなる事はないのではないでしょうか。


特にセキュリティを全て海外に任せるのはいくら同盟国といえども安心とは言えません。


国産のセキュリティ会社に投資妙味があるかもしれません。ただ調べた事もないのでそもそも規模の大きなセキュリティ会社があるのかも、上場してる企業があるのかも分かりませんが。


当分西側と東側で分断が続きそうなので防衛産業はかなり有望じゃないでしょうかね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村