高値を追って出し抜く難しさ。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20210422000728j:plain

誰しもムーーーンしたいけれど


高値を追い続けるメリットとデメリット。


勢いのある銘柄に乗って、早く資産増大を目指すというやり方がありますね。当たりを掴むと一年でテンバガーになったりするケースもあるので非常に魅力的な投資方法ですね。
間違ってもコカコーラやベライゾンは一年で10倍にはなりませんからね。小型株のモメンタム投資みたいなのはスリリングでとても楽しいと思います。そしてここ数年のような楽観が支配するような雰囲気ではその方が正解だったりもします。


しかしながら当然リターンの裏にはリスクもあります。リターンが高いのに低リスク、というのはありえませんね。残念ながら高リスク高リターン、低リスク低リターンが当たり前です。


なので市況がガラリと変わると、思わぬ大きな下落に巻き込まれる可能性もあります。ここをきちんと理解した上できちんとした資産配分でポートフォリオを組んでいるのならば良いでしょう。


ここ最近話題になっていた銘柄でいうと、EH、RIOT、FUTU、PTON、MARA、TSLA、ZMなどでしょうか。


これらはめちゃくちゃ勢いがあり、半年くらい前までは絶好調でしたね。


早くから目を付けて投資されていた方は相当良いリターンが取れていることでしょう。

 

しかしそういった方々をみて、羨ましく思い我先にと飛び付いてしまった投資家の方々は現状ではかなり厳しい状況に追い込まれていると思います。


先程の銘柄群に分散投資して、優良ハイテクグロースに分散してるしリターンは高いままにリスクは下げられる。と思ってあれら銘柄に全財産均等に投資などもししていたらと思うとゾッとします。


もちろんここから急反発してまた最高値更新していく可能性も充分あります。ただそこまで持ち続けられる胆力のある投資家は一体どれだけいるでしょうか。

自分の財産が30%~50%も減ってしまったら普通は動揺します。投資資産がまだ100万円とか仕事で挽回できるくらいの金額なら大きく下落しても大したことはないかもしれません。

しかしこれが5000万だ1億だとなったらどうでしょうか?1億が半年で7000万になったら私なら動揺します(これらの銘柄に投資していたなら)。

ましてやダウやS&P500は最高値圏にいる訳ですね。


にも関わらず自分の投資先の銘柄が大きく下げていたら、「乗り換えた方がいいのかな?」なんて気持ちが湧いてくるのも当然だと思います。


どうしても人より早く成功したいとか、会社に行きたくないとかで過度なリスクを取ってしまう方が一定数見受けられます。


レバレッジさえかければその分必ず早くリタイアできる!と思ってる人もいるでしょうが果たしてそうでしょうか。


ハイパーグロースだったりレバレッジだったり仮想通貨だったり、上手くいってる時はいいですが、落とし穴に落ちるようにある日突然取り返しのつかない程のダメージを負う可能性は絶対に頭の片隅に入れておいたほうがよいと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タバコには特有のリスクがありますね。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20210421010116j:plain

タバコ吸ってるとこんなんなっちゃうよ~。

 

 

今日は日経平均は再度緊急事態宣言が避けられない、という状況になり大きく下げる相場になりました。またもコロナど真ん中みたいな銘柄はキツくなるかもしれませんね。
アパレル、外食、テーマパーク、旅行関係等々厳しい業界も多いです。


せっかくマイPFも最高値まできていたのに大きく足踏みすることになりました。


とくに足を引っ張り始めたのが問題児のタバコ株達ですね。


ニコチンを依存度のないレベルまで引き下げる事と、以前から言われているメンソールの禁止をバイデン政権が進めるかももいうことみたいです。

 

www.marketwatch.com

正直なところ、自分もタバコなんて百害あって一利なしだと思ってます。わざわざお金払って自分の身体を虐めぬくなんて、ドMな方達なんだろうなと思って見ています。


ただし別に吸いたくない自分みたいな人たちに、無理やり副流煙を吸わせたりしない限りは本人達の自由だと思います。さすがに喫煙者だって身体に悪いことくらいは理解した上で喫煙を嗜んでいるわけですね。これは自由にさせてあげればいいんだと思います。


パッケージにも日本と違ってグロテスクな肺癌の写真がでかでかと描かれていて、しっかりと警告もしています。

少しでも健康に害のないようにと加熱式たばこにも切り替えているところです。せっかく企業努力をしているのに余計な事をしないでもらいたいですね。しっかりと完全なる分煙だけできていれば問題なしです。

吸うか吸わないか自由に選べるタバコよりも、まだ食品添加物とかの規制してくれる方がいいですね。
食べ物は誰でも口にしますし、いちいちどれだけ身体に悪い成分があるのか成分表見て買う人なんてほとんどいませんからね。そういうところを頑張ってほしいものです。


とりあえず大きく下落してくれたので含み益も大分減って買いやすくなったのでMOを70株、45.5ドルで追加投資しました。

PMが欲しかったのですがそんなに下げていませんでしたね。みんなアメリカ国内の問題だからアメリカで商売してないPMは関係ないときちんと判断しているのでしょう。むしろBTIとMOが下げてる中でPMはプラス圏内にいましたね。


こういったタバコ特有のリスクはありますので、ただ配当金が高いからというだけでよく考えないで投資すると思わぬリスクに直面します。


やはりPER1桁で、遠い未来じゃなく10年くらいで投資資金を回収できる水準でこそ買いたい銘柄達だと思っています。

 

 

そういえば我らがGE坊やもBTIが含み益になりblogを再開したばかりでした。タバコ株が下がるとまた更新が止まってしまうので反発してくれるといいですね。

 

 

あっ、

 

まさかBTIが含み益になったのでblog再開します。が今回のフラグだったとか( ´;゚;∀;゚;)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

投資と政治は密接に。

こんばんは。

 

f:id:bakademodekiru:20210420000249j:plain

円高は自国の通貨が高くなるんだから嬉しいのかどうなのか。

 

若干の円高基調でギリギリのところでマイPFは最高値を更新できずです。


最近の大きなニュースといえば日米首脳会談ですね。こんな中での開催ですので、お互いマスクをしたままの会談となりました。しかも厳重にN95マスクをしていたみたいですね。菅総理もバイデン大統領もどちらもおじいちゃんだから呼吸苦しくならないんでしょうか。


会談では色々な事が話し合われたみたいですが、やはりメインは中国についてです。

 

ウイグル自治区、香港、台湾、等々が出たそうです。今や台湾問題は冷戦ではなく本物の衝突が起きかねないです。

世界は昔と違ってガッチリと繋がっているので中国をデカップリングなんていっても簡単にできるのでしょうか。これだけサプライチェーンが出来上がってしまってるなかで寸断したらどうなるのか想像もできません。


しかし経済的に繋がりがあるからといって安心はできないと思います。中国という国は先制国家で人権なんてくそくらえの恐ろしい国です。経済がダメージ受けようとも一線を越えたらアメリカは本気で事を構える可能性は充分にあると思います。


その時に日本はどうでるのでしょうか。

日米同盟もあるし、尖閣諸島の問題もあるし間違いなくアメリカにつくでしょうが、経済的なダメージははかりしれません。日本人にその覚悟はあるのでしょうかね。


私の投資している中国株も実戦なんて起きたら間違いなく暴落するでしょう。そもそも日米と戦ったら日本人の財産は没収してくる可能性もあります。


お互いが上手くいけば一番なのですが、このまま争いが起きない=中国がドンドンとアメリカの経済力に近付く。

というだけですので時間はアメリカに不利に働きます。そして残念な事に強くなればなるほどむちゃくちゃな事をいうだけでしょう。なのでガチンコで近いうちに戦いになるんじゃないかと少し心配してますがどうなることやら。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村