賢いからといっても短期で予想なんてできるものじゃない

こんばんは。

 

超長期で見れば誤差かもしれませんが

 

今日は日本株は大きく下落しました。それでも自分のポートフォリオ日経平均に比べたら半分も減りませんでしたのでまぁマシな方でした。


米国株はずっと高い高いと言われつつも大きな調整はなく堅調です。やはり持たざるリスクというのも大きいことが分かります。


しかし上がったからと言って決して割安だったから上がった訳でもなく、上がれば上がるほど割高感は強くなります。


ITバブル時、ウォーレン・バフェットはハイテク銘柄を避けていたのでパフォーマンスが悪く素人でたまたま儲けた奴にまで「ウォーレン、分かったかい?」なんて言われる始末でした。

結局2年くらいはバブルが膨らみ続け、弾けるまでにかなりの時間がかかりました。


今でもきちんと理由を述べて何故割高なのかと解説してる賢い人もいます。しかし当時と同じでそういう人を「いつも割高割高言ってるけど外れてる」とバカにする人もいるんですよね。

たしかに外してしまったのですから割高だからと投資を避けてしまってたらチャンスを逃してしまってた訳です。


しかし今は大丈夫だからといって何もなく上がり続けるかというとそれは誰にも分かりません。


持たざるリスクもありますし、個人投資家としてはなるべくならリスクの高い割高感のある市場や銘柄は避けて、しかし過度にリスクを取らなすぎる事もないように上手く立ち回らないといけませんね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村